★月別ダイビングログ
★場所別ダイビングログ
       ☆☆☆記事中の写真をクリックすると、大きい画像が見れます☆☆☆

2005年07月17日

No.118 バリ島1本目・ドロップオフ(トランベン)

11:13in→12:19out 56分
最大水深:13.4m 平均水深:8.1m 水温28.7℃


初海外ダイビングです!!
場所はバリ島。
インターネットで調べて、「パパスダイブセンター」に決めました。
HPが充実していて、メールでの反応も早かったので決めました。

今回免許なしの旦那と同じポイントで潜るということで、初心者向きの場所をお願いしたところ、「トランベン」にしましょうとのこと。
ホテル(ヌサデゥア)からお迎えの車が来て、ショップのあるサヌールヘ。
いろいろ準備してさあ出発。
ヌサデゥアやサヌールは島の南部なのですが、トランベンは島の東海岸。
てっきりすぐボートに乗り込んで、海上を移動するのかと思いきや・・・・

ずっと車移動! 時間にして2時間半(ひぃ〜〜〜〜〜)
!!


bl0717-01.jpg
やっと着きました。トランベン。
波しぶきがまぶしい・・・波が・・・波が・・・

なんか波しぶきすごくありません?
しかも、しかも、まさか・・・ひょっとして・・・



ビーチエントリーですかっっっっっっ!!!!



だって海外ダイビングって、リゾート地だし、ボートでおんぶにだっこのお嬢様ダイビングだってイメージが・・・イメージが・・・・。
もろくも崩れた・・・。

だって、まあ私はいいとしても、旦那は体験ダイビングでいきなりタンク背負わせてビーチ入れっていうのも、酷じゃありません?

沖縄では何回かビーチエントリーを経験してますけど、こんな波が高いビーチに入ったことはないんですけど。
ざっぱんざっぱん思いきし白波立ってます・・・。

心の中で絶叫しつつ、ビーチへ。
メンバーは私と旦那とイントラの3人。必然的にイントラは彼につくので、私は一人・・・。
波打つ中でフィン(足ひれ)を履くのに一苦労。しかも、履けたと思ったのに片方落として海中へ。
レンタルBC(タンクを付けているベストのことです)だったので、うまくエアーが抜けないのと久々のアルミタンクということがあって、全然沈みませ〜ん。

海中へ先に旦那は沈められて、イントラがしょうがなく私を沈めてくれました。

すんません、100本潜りましたけど、ビーチは超初心者なんです。




いきなり恥をさらしたバリ1本目。

そろそろ海中写真にうつりましょうね。



bl0717-02.jpg
潜ってすぐ、目に入ってきたのがこれ。
黒い砂が広がる遠浅の海底に、握りこぶし大の石がごろごろあるのですが、その石のいたるところにこんなピンクのひらひらが・・・。
これ、ウミウシの卵なんです。

bl0717-03.jpg
卵のアップ。
一粒一粒にウミウシの赤ちゃんが詰まっているのね〜と、うっとり(異常?)
ここからどうやってウミウシの赤ちゃんが出てくるのか、すごい興味あります。
イントラも産卵は見ても、孵化は見たことがないそうです。
だれか、見たことある人いますか?


bl0717-04.jpg
イントラに呼ばれていくと、そこに巨大ウミウシが!!
ブッシュドノエルウミウシです。

その名の通り、ケーキのブッシュドノエルにそっくりです。
面白い名前付けますよね。

bl0717-05.jpg
しかし、ウミウシだけではなかったのです!
矢印のところに、お分かりですか?
小さいエビがいます(クリックすると、拡大できます)。

ウミウシカクレエビです。

沖縄でよく見かけていたのは、全てナマコについてました。
「名前をナマコカクレエビにすればいいのに」とずっと思ってましたが、本当はちゃんとウミウシにいるんですね〜。
驚きです。

bl0717-06.jpg
よく見ると結構色鮮やか。このウミウシといたら、目立つのでは?

bl0717-07.jpg
も一つウミウシ。
キカモヨウウミウシ。

bl0717-08.jpg
すぐ近くにボラの群れ。

本当はエントリー直後にギンガメアジが群れていたのですが、潜行にいっぱいいっぱいで写真どころではなかったのです・・・。


bl0717-09.jpg
キンセンハゼだと思って撮ったのですが、あとで本見たらどうも違います。
なんでしょう?
イントラも??
たぶんいっぱいいたので、珍しいものではなさそう。

bl0717-10.jpg
さっきから「本当は・・・」が多いのですが、
本当はカニハゼがいて、撮ろうと近づいていったら、こいつがいました(カニハゼは逃亡)。
ヤマブキハゼ。
顔の下の青い斑点がうまく写ったかな?


ie0505-11.jpg
りっぱな枝サンゴ。
こんな浅瀬(10m付近)で見られる所が、バリならではでしょうか?


bl0717-12.jpg
マダライロウミウシ(チータウミウシ)です。
よく見ると、頭付近にケガ?してます。
痛々しいです。


bl0717-13.jpg
ビーチに上がる最後の最後に撮ったサラサハゼ。
これも、あんまり沖縄では見なかったかな・・・。

応援のひと押しお願いします→banner_03.gif


posted by saba at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | バリ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.119 バリ島2本目・ドロップオフ(トランベン)

13:14in→14:05 51分 水温28.8℃
最大水深13.3m 平均水深7.5m 

1本目のエキジットも、もたもたしていると背後から波がバサーッとやってきて、ひっくり返っては立ち上がってで、ひいひいで陸に上がりました。

休憩中に昼食をとって、ずっと海を眺めていても、波は一向におさまる気配もなく・・・むしろ強くなっていきました。

イントラさんから、「本当は2本目は、沈船を見に行く予定だったんだけど、そこはもっと波が強いのでやめましょう。さっきと同じポイントに行きます。」と。

沈船・・・
「見たかったな」と一瞬思いましたが、これより強い波なんて絶対無理!!!

と、いうわけで、同じポイントです。



bl0717-14.jpg
小さなハゼ?
これが、よくわかりません・・・。


bl0717-15.jpg
またもやブッシュドノエルウミウシ。真正面。
けっこうこのポイントにはたくさんいました。
1本目に撮ったウミウシの卵はコイツのものかもしれません。


bl0717-16.jpg
トウアカクマノミだと思って、適当に撮っておいたら、後から
「セバエアネモネフィッシュ」という日本では見られないクマノミということを知りました。
もっと粘ってしっかり撮れば良かった・・・。


bl0717-17.jpg
あまり撮るものが見つからなくて、地べたによくいるハゼを撮ってました。
ミズタマハゼ。


bl0717-18.jpg
これも、よくいた。
クツワハゼ・・・かな?


bl0717-19.jpg
これも、見事な枝サンゴ。


bl0717-20.jpg
最後にツユベラの幼魚。
くねくね動くので、粘った1枚。


怒涛のバリ・ダイビングでした・・・。
まあ体験ダイビングのお供のわりには、いろいろな生物を見ることができて、それなりに満足です。
しかし、あまりにビーチが過酷だったため、旦那に
「楽しかった?」と聞くと、即座に
「楽しくない!! 辛かった!」との回答が。

それが、悲しかったですね。
ダイビングの楽しさを少しでもわかってもらえたら・・・と思ったのに。

旦那がダイビング免許取ることは、きっとないでしょう・・・。

応援のひと押しお願いします→banner_03.gif

posted by saba at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | バリ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。