★月別ダイビングログ
★場所別ダイビングログ
       ☆☆☆記事中の写真をクリックすると、大きい画像が見れます☆☆☆

2007年10月29日

No.232 伊江島3本目 三角山

in8:36→out9:25 潜水時間49分
最大水深22.8m 平均水深15.7m 水温27.1℃
posted by saba at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.233 伊江島4本目 三角山

in11:22→out12:04 潜水時間42分
最大水深22.5m 平均水深17.0m 水温27.0℃
posted by saba at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.234 伊江島5本目 アンダギー

in13:32→out14:01 潜水時間38分
最大水深22.9m 平均水深17.1m 水温27.1℃
posted by saba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

No.230 伊江島1本目 中の瀬

in10:28→out11:18 潜水時間50分
最大水深37.3m 平均水深14.6m 水温27.2℃
posted by saba at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.231 伊江島2本目 ケイソン

in14:26→out15:04 潜水時間38分
最大水深23.9m 平均水深16.7m 水温27.0℃
posted by saba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

No.164 伊江島8本目 大洞窟

in08:03→out11.4m 潜水時間53分
最大水深26.5m 平均水深11.4m 水温27.6℃

いよいよ伊江島4日目。最終日になりましたー。

最後もがんばって潜ります〜



今回も洞窟探検♪

060627_01.jpg
暗闇の中に、大量のアカマツカサ・・・・
無理やりフラッシュたいて撮ってみたけど、暗くて目だけ光っちゃってますね。


060627_02.jpg
やはり自然光で撮る方が綺麗かな・・・。



そして
洞窟出口に、むむむ・・・!!

   ↓

060627_03.jpg
オドリハゼと共生エビですね。



これは撮らずにいられない。



オドリハゼとの1本勝負!!!


↓ですが↓

060627_04.jpg
がんばって、この程度(T_T)

近づけないのよね・・・・。



はい、


と、いうわけで、


ここからまたウミウシオンリーです(*´Д`*)←マタカヨ




060627_05.jpg
シンデレラウミウシ。


060627_06.jpg
シボリイロウミウシ。


060627_07.jpg
クロヘリアメフラシ。
こいつは小さいとかわいいね(´ω` *)


060627_08.jpg
キカモヨウウミウシ。
お尻向いちゃってます。


060627_09.jpg
セトイロウミウシ。


060627_10.jpg
ラストウミウシは、センテインイロウミウシです!


ああ、もっとオドリハゼを極めたい・・・。課題の残るダイビングでした。
ウミウシ天国だったけど。


いよいよ伊江島ラストダイブ9本目に続きます〜応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.165伊江島9本目 つり場

in12:08→out13:05 潜水時間57分
最大水深29.8m 平均水深11.4m 水温27.9℃



本当に伊江島ラストダイブ!!
4日間はあっという間でした〜。



ラストのラストは、私の希望で

「もう一度ピグミーを撮りたい!!」

ということで、行って来ました。
微妙にポイントは「つり場」です。





060627_11.jpg
ハダカハオコゼ(白)。
ずっと、この持ち場を離れないガンコ者らしい。



そして、昨日ピグミー待ちをしていた根の上に到着し、ガイドKちゃんは一人ピグミー探しに下へ潜行・・・。


060627_12.jpg
ヒマなので、また同じ所に居たホソガラスハゼ。
相変わらず、内臓スケスケです。



ずっと待ってましたが・・・・


結局・・・


ピグミー留守でした・・・(T▽T)



昨日のヤギにも見当たらず、他のヤギまで一生懸命探してくれたKちゃん。

すません。



気を取り直して、移動しました・・・・




060627_13.jpg
キスジカンテンと似てるけど、コンペイトウウミウシです。

気合が入ってなくて、ピンボケしました・・・。



060627_14.jpg
ミヤケテグリ。
久々に見ました。
ちっこくて、以上にすばしこかった。



そして、ヒラムシ2連発↓

060627_15.jpg
ブラックと

060627_16.jpg
ブルーでした。
この青いのは、初めて見ました。

ヒラムシも探してみると、いるもんですね(*´ェ`*)←いらない?



そしてウミウシ3連発↓↓↓


060627_17.jpg
メレンゲウミウシ。

この写真ではわかりにくいんですが、頭の触角が1本しかないんです。
奇形?
それとも1本食べられた??



060627_18.jpg
ツノキイボウミウシ?
極小で5mmくらい。小さすぎていまいち判別不可能。


060627_19.jpg
さっきのそばに居たもう少し大きい個体。

これを見ると、ボンジイボウミウシに見えなくもない・・・。



以上、

終了です〜〜!!




あ、全部マクロで終わってしまった・・・(-_-;)

↑しょうがないじゃん、マクロ病なんだから。
(開き直り)



以上で4日間、計9本の伊江島ダイブ終了です。

今回は東から北東の地形ポイントを充分と堪能できて、とっても楽しいダイビングできました!!
いつもマクロ路線つっぱしりですが、これでもワイド撮影もしたつもりです(あくまで”つもり”ですが)。


最後に

シーモンキーズのみなさま、どうもありがとうございました!
(シーモンキーズURL:http://seamonkeys.client.jp/
ピグミー探し続けて、酸欠で頭痛になったKちゃん。
本当にいろいろ迷惑かけて、すんませんでした。


また潜りに行きますね〜!!( ゜ー゜)/゜*゛:¨*;.・';゛:..・☆









そして、




最後の



最後に。





↓これ




060627_20.jpg
どうやら、ハナオコゼというらしいです。

とあるロープに生息中なのを撮影してきました。

しかし、微妙に浅くて撮影困難・・・(T-T)


もう今はどこかへ行ってしまったらしいです・・・。

たっしゃでなー


以上、オマケでした。


実はまだ伊江島続いちゃいます。応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.??? 伊江島シュノーケル

9本ダイブ終了したわけですが。


オマケのオマケで、もう少しだけ海中写真載せます。


伊江島最終日の午後。

沖縄を周遊していた友人N戸さんが伊江島に着き、一緒にシュノーケルしてきました。

彼女はかなりのシュノーケラーなのですが、私は八重山・竹富島でシュノーケル数回した程度。

ひさびさのシュノーケルでした。

いざ、いつものウルトラズームを持参して潜った(泳いだ?)わけですが、うまく撮れるわけがない・・・。


まあ、見てやってください↓





060627_21.jpg
とりたててシュノーケルポイントというわけでは、ない所みたいです。

外洋を隔てるリーフまでは、ずっと遠浅でした。



しかし干潮を逃してしまったので、すでに潮が満ちてきていて、なかなか撮影しきれませんでした。

泳いですぐのところに、

060627_22.jpg
こやつらが居ました。
アメフラシですね。2匹とも。


060627_23.jpg
ぐわんばって、この程度。


このあたりに、このアメフラシ、いっぱい居ました。




そして、


ビビッタのが・・・・





060627_24.jpg
これ!!

よーーーーく見てください。
5個体います。

なぜ、こんな1箇所に集まってるの????


060627_25.jpg
これも、がんばってシュノーケルにガボガボ海水入りながらの撮影で、これ。
ムカデミノウミウシですね。

この集団?には、驚きました。



以上、おまけのシュノーケル編でした。


ちょっとにごにごでしたね・・・。
他に綺麗な写真撮れなかった(^^;


このちょっとのシュノーケルで完全に息があがっている私。

あらためて体力と泳力のなさにガックリ。
ダイビングって楽なんだなあと実感しました。

お手軽なんですけどね〜シュノーケル。


また機会があったら、シュノーケルしたいと思います。

最後まで見てくださった方ありがとうございます!できたら最後に応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

No.161伊江島5本目 カナン崎アーチ

in10:01→13.8m 潜水時間61分
最大水深34.7m 平均水深13.8m 水温26.9℃


伊江島3日目です〜♪

ここで明かしますと、今回の伊江島ダイビングの目的は、

あまり潜ってなかった伊江島の地形ポイントを堪能すること!!

の一言につきます。

→いかに地形ポイントに行けなかったかは、http://sabasabaumi.seesaa.net/article/7356629.html
をご覧ください。


その地形ポイントの最も深場にいるという

ピグミーシーホース(略してピグミー)

を探しに行きました!!



060626_01.jpg
途中の洞窟でーす。

やはり、地形満喫♪



そして、ピグミーがいるはずの根まで行き、私は根の上で待機。
ガイドのKちゃんが深みのヤギ(サンゴ)で必死にピグミー探しをしてくれました。


待機中に見た生き物↓↓

060626_02.jpg
おそらくホソガラスハゼ。


060626_03.jpg
モンハナシャコ。
とにかく、こいつの色は派手・・・・。




そうしていると、ついにKちゃんから「見つけた!」の合図。

35mまで下降しました!!




で、これクイズ


060626_04.jpg
このヤギの中のどこかに、ピグミーがいます。


わかりますか?


正解は

http://sabasabaumi.up.seesaa.net/image/060626_05.jpg

をクリックしてください。

そんなん、わかるわけないって??


だからピグミーを見つけるのは大変なんです。

同色で擬態しているうえに、小さい!!
全長6・7mm?


だから、肉眼で確認するのも大変だし、ましてやカメラを向けても、カメラの液晶画面のどこにいるか探すのも一苦労。

そしてなにより、カメラが「ピグミー」を認識してくれない!!
ピント合わせに・・・

もう、大変なんですヽ(`Д´)ノウキー!!


と、いうわけで、


060626_06.jpg
まともに撮れたのは、この1枚のみ。
(ちなみにこの指はKちゃんのです)



060626_07.jpg
拡大して、こんなです・・・。

ちいせぇ〜〜(;_;)


35mラインにずっとは居られないので、泣く泣く浮上・・・・。


ああ、ピグミーを制するのは、並大抵のことじゃないなあ。


060626_08.jpg
そういうわけで、浅瀬へ移動〜


060626_09.jpg
ここで、私の大好きな「オドリハゼ」!!!
に遭遇。
共生エビの触角だけが見えてますw


しかし、私がねちっこく寄ったため、引っ込まれました・・・。
ごめんね、見れなかった人・・・。


060626_10.jpg
またまた洞窟体験。


060626_11.jpg
ラストはやっぱりウミウシです♪

めっちゃ小さくて(5mm?)新種かとドキドキしましたが、
オキナワキヌハダウミウシに間違いなさそです・・・。



6本目に続きます〜応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.162伊江島6本目 カナン崎ドーム

in11:40→out12:24 潜水時間44分
最大水深34.4m 平均水深12.6m 水温27.1℃


はい、本日2本目開始です〜♪


060626_12.jpg
真昼の伊江島。

Kちゃんから「深場にいる珍しい魚見る?」とのことで、またまた水深35mまで行って来ました。

私「なんて魚?」

Kちゃん「・・・なんとかアマダイ。」


その”なんとか”がなんだよ!!((o(-゛-;)オイ


ダイブ終了後、Kちゃんが頭をしぼってしぼって、ようやく「オキナワサンゴアマダイ」と判明。


↓と、いうわけで写真です。


060626_13.jpg
ペアです。



060626_14.jpg
一番近づいて、こんなもん。

フラッシュ当たりませんでした・・・(T-T)

当たってたら、見事な体色見れたかも・・・。



060626_15.jpg
またまた

060626_16.jpg
洞窟探訪しました〜

午後の光が差し込んで、幻想的でした・・・。



そして、ラストはまたしてもウミウシなんですが・・・。


ここで、クェスチョンです(世界不思議発見風に)↓


060626_17.jpg
メレンゲウミウシ何匹いる?



正解は、

http://sabasabaumi.up.seesaa.net/image/060626_18.jpg"

をクリックしてね!

全く、どうしてこう、こんな狭いところにギュウギュウしてるんでしょうかね? 余計な詮索??



この日は3本潜っちゃいましたよ。7本目に続く〜応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 01:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.163 伊江島7本目 オーロラ

in15:18→out16:06 潜水時間48分
最大水深27.9m 平均水深13.5m 水温28.8℃


本日3本目です。
はりきって行きましょう〜!!

いつも伊江島でお会いしているejimanさんご一行と一緒に潜りました。


・・・はっきり申し上げておくと、この3本目。

ウミウシしか撮ってません!!


と、いうわけで、写真です↓↓

060626_19.jpg
まずはサラサウミウシ。
眼紋のないタイプですね。

巨大でした〜〜







そして、そして、


こんなウミウシをいつか見たいと思っていた・・・・




念願のものがついに現れました!!!





それが、これです↓↓↓





060626_20.jpg

産卵中のシンデレラウミウシ!!
です。

渦巻き状にクルクルと卵を産みつけてます。



念願の産卵シーンを見られて、しばし感動・・・・・
(*゜o゜*)~゜ ボー

時間も忘れてシャッター切りました。
(おかげで行くはずだった洞窟ひとつ逃しました)



続々とウミウシです。


060626_21.jpg
昨日も見た
ベニゴマリュウグウウミウシ。
このタイプの方が「沖縄のウミウシ」本に近い体色ですね。



060626_22.jpg
岩をどけたら、あーらウミウシ2匹。


060626_23.jpg
アカテンウミウシです。

コイツを見ると、お菓子を連想するな〜。



060626_24.jpg
ラストウミウシは、ちょっと地味ーなウミウシ。

モンジャウミウシです。


ああ、本当にウミウシ天国でした〜(*´ェ`*)ポッ

正確に言うと、「ウミウシしか見えてなかった」のかもしれませんが・・・。

大満足の3日目終了です〜応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

No.159 伊江島3本目 ??

in10:32→out11:22 潜水時間50分
最大水深26.8m 平均水深13.3m 水温26.6℃


はりきって伊江島2日目です。



朝から姉家族を港まで見送ってさようなら〜(_´Д`)ノ~~

後の3日間、ゆっくりダイビング楽しみました☆


本日のポイントは一応「??」です。
行きたい方は、伊江島へどうぞ潜りに来てくださ〜い。


060625_01.jpg
本日も快晴! 波しぶきがカメラにかかりました(^^;)



060625_03.jpg
いきなり発見。
巨大なメレンゲウミウシ。


060625_04.jpg
ちょっとだけワイドで・・・・。
ウミウチワです。

ダイバーで、その大きさがわかるでしょうか?


060625_05.jpg
カメラに収まらないほど、大きいです。


060625_06.jpg
この断崖の中層に、この「ムギワラエビ」(←正確にはオルトマンワラエビでしょうか?)がいます。

とっっっても撮りづらい場所です。中世浮力がんばっても無理!!
結局タンク持ってもらって撮影。

微妙に目にピント合わずで撃沈・・・・o( _ _ )o


060625_07.jpg
ベニハゼいました。
これくらいの小さいのはかわいいわ〜(* ̄д ̄*)


060625_08.jpg
そして超極小の・・・・・!!!

おそらく、ヒラムシです。
こんな模様のヒラムシは初めてなんですが、大きくなったら模様変わるのかなあ。



060625_09.jpg
フラッシュ当たらずですが、キイロウミウシ。


060625_10.jpg
大好き♪ キスジカンテンウミウシです。


060625_11.jpg
なぜか浅瀬で彼らに囲まれました( ̄□ ̄;)

こういう中型魚の名前はわからん・・・・。←興味なし。



060625_12.jpg
またもやヒラムシ。
よくよく撮影するうちに、やつの頭がどこかわかってきました。

頭は、必ず2つフリルのようにギャザーが寄ってます。
わかります? え?どうでもいい?


060625_13.jpg
サキシマミノウミウシ。
1cmの小ささ。


060625_14.jpg
ラストウミウシがこいつ。ゾウゲイロウミウシでーす。


ウミウシに始まり、ウミウシに終わるダイブ。

いえ、これは私のログですから! ウミウシだらけで良いのです。


2本目につづくのじゃ〜ランク外になってるから、みんな応援のひと押しお願いします!!→banner_03.gif
posted by saba at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.160 伊江島4本目 オホバ・ハーフ

in13:25→out14:09 潜水時間44分
最大水深39.8m 平均水深16.4m 潜水時間44分



記念すべき160本目♪

沖縄で潜れて幸せです♪

はりきっていきましょう!





それでは唯一撮ったワイド2枚をご披露↓↓

060625_15.jpg

060625_16.jpg

洞窟からの自然光です。

洞窟に入ると、まずはライト照らして、砂巻上げに気をつけながら、貝が落ちてないか探しつつ、そして時々ライト切ってフラッシュ切ってマクロレンズ外してマクロ設定を解除してワイド撮影・・・と忙しいです。

もちろん場合によってはマクロ生物も潜んでいたりするので、そうするとさっきの逆で、ライトつけてフラッシュ設定ONにしてマクロレンズつけてと大忙しです。


と、


いうわけで、


またマクロ一直線です(* ̄д ̄*) ←またかよ



そして昨日と同じポイントに同じオトヒメウミウシ発見↓

オトヒメって・・・

060625_18.jpg
     
060625_17.jpg
     
060625_19.jpg
こんな感じでヒラヒラさせながら移動するんです。
なんででしょ?

スカートヒラヒラさせてるみたいw



060625_20.jpg
ユキヤマウミウシ。
雪山でしょ?


060625_21.jpg
そして、こんなヤツが!!

(゜ロ゜;これは見たことがない・・・!


060625_22.jpg
リュウグウ系だけど、何者!?

あとで本でみましたが、ベニゴマリュウグウウミウシで間違いないようです。「沖縄のウミウシ」の写真はどうも色が薄いのですが、お役立ちHP「ウミウシ図鑑.com」(http://www.umiushi-zukan.com/main/top.php)で判明しました。

(自分で)見たことないウミウシは興奮します!


060625_23.jpg
んで、これもいつものコールマンか?
でも、違うかも?

本見てみたらシボリイロウミウシでした。うっかりできませんね!


060625_24.jpg
ちょっとウミウシから離れまして、クロユリハゼ。
綺麗でいつも撮りたいと思うのですが、なかなか近づいてくれませんね・・・。


060625_25.jpg
今回はやたらゾウゲイロウミウシに遭遇しました。


060625_26.jpg
そしてラストウミウシ。
これがコールマンウミウシです。
シボリイロウミウシと今一度見比べてみてくださいー↑↑



以上、2日目終了でーす。応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
ラベル:伊江島
posted by saba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

No.158 伊江島2本目 クレバス(オホバNo.1)

in14:00→out14:47 潜水時間47分
最大水深27.4m 平均水深13.4m 水温26.3℃


姉も1本目で大分感を取り戻したようで、はりきって2本目開始〜!!


060624_07.jpg
ちょっと2本目は水深深い所へ・・・。

透明度もバツグン!! 

060624_08.jpg
この手の幼魚が何か・・・・。
まあ、キレイです(おい)。



060624_09.jpg
ようやくウミウシ発見!
シンデレラウミウシです♪

今振り返ると、コイツが一番小さい個体だったかも・・・。
それでも5cm?

060624_10.jpg
続いてキスジカンテンウミウシ♪
いつ見ても、寒天みたいです。プルプル。


060624_11.jpg
ちょっとフラッシュ切って、ワイド撮影!
魚が影絵のようになりました・・・。

伊江島ならではの洞窟からの眺めです。

(本来は、こういうのが伊江島らしいダイビングなんですよね・・・)


と、

いうわけで、



またマクロに戻ります(* ̄ー ̄*)  ←おいおい



060624_12.jpg
かなり大型のオトヒメウミウシ発見。

060624_13.jpg
近くにももう1匹居ました。


それにしても、色鮮やかなウミウシだわ〜〜(*´∀`*)

まさに乙姫?


060624_14.jpg
そして、さらにマクロな1枚。
見えますか?

ムチカラマツがあったので、ガラスハゼを探していたら、思わぬエビに出会いました。

小さかったので(1cm?)ピント合わずです。
何エビかなあ? ←調べろ




060624_15.jpg
最後にうちの姉とのツーショット(撮影:Kちゃん)。

解説しておくと、左が私で右手前が姉。

笑ったつもりが、目つき悪かとです(;´∀`)
どうしたら、海中であのダイビング雑誌のようなステキな笑顔が作れるか、目下研究中です・・・。


沖縄で念願だった姉とのダイビングができました。←実は姉とは初ダイビング。

姉も「楽しかった!! また潜りたい♪」とかなり嬉しそうだったので、良かった、良かった。


この楽しいダイビングを満喫中の間、2匹の怪獣(姉の子2人)を抱えて美ら海水族館でヒーコラしていた、うちの母にも感謝ですね。


伊江島2日目に続きます・・・応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

No.153 伊江島1本目 ワジ

in9:23→out10:27 潜水時間64分
最大水深18.6m 平均水深10.2m 水温22.4℃


いつもいつもいつも伊江島には嫌われっぱなしの私ですが・・・。

わーかが一足早く帰るこの日・・・・


伊江島の天気大荒れ。


波は3m以上

・・・と、言うわけで船は出せず_| ̄|○


またもや、東の地形ポイントはおあずけ〜になりました。



で、行った先は・・・・


北のポイント「ワジ」。



ええと。
過去の記録(http://sabasabaumi.seesaa.net/article/7356629.html)を見てみると、伊江島42本の中で、一番潜ってない(1本のみ)ポイントになります。

それはそれで嬉しいのですが。



沖縄まで来てビーチエントリーかよ・・・
_| ̄|○





そろそろ海写真にいきましょう。



060426_01.jpg
ワジ周辺です。天気は下り坂・・・・。
しかし、強烈な南風だったので、北の海面は非常に穏やかでした。



060426_02.jpg
アオサンゴが綺麗です。


060426_03.jpg
そして、「ワジ」の名物、巨大なオオハマサンゴです。

がんばって、ワイド撮影してみましたが、日差しが全くないので画面暗めです・・・。



と、いうわけで、さっさとマクロモード全開。

このオオハマサンゴの大きな傘の下に潜り込んで、生物ウォッチング始めました。



060426_04.jpg
かわいいベニハゼいました。
胸ヒレにピントが合ってしまい、目がピンボケ・・・
この1枚で逃げられました。



そして、がんばってウミウシ探し!!


060426_05.jpg
コールマンウミウシです。


060426_06.jpg
コールマン2です。


060426_07.jpg
コールマン3です。


060426_08.jpg
コールマン4・5・・・・・


って。


コールマンしかいないのかよ!!(゚Д゚#)ノ


次々見つけたウミウシがぜ〜んぶコールマンなので、プチ切れました。



そういうわけで、
オオハマサンゴから移動・・・・



060426_09.jpg
クマノミのいるイソギンチャクをどけると、大抵エビちゃんがいます。
イソギンチャクモエビちゃんです。

クマノミに飽きてきたら、ぜひのぞいてみてください(笑)




そしてこの後、ウミウシフィーバー続きます!!



060426_10.jpg
シモフリカメサンウミウシ。

ものすごい変わったネーミングで覚えてましたが、お初に見ました。
結構、ブルーが綺麗です。小さいけどちゃんと鰓があるところもプリチー(←ウミウシバカ)。


060426_11.jpg
ゾウゲイロウミウシ。
何度見ても、ツルンとしてかわいいウミウシです。

こいつが足が速くて、暗がりに一気に逃げ込まれ、撮影断念・・・。

焦れば焦るほど、ピントが合わないのはなぜなんでしょう?


060426_13.jpg
これもお初のウミウシ。
チギレフシエラガイ。

060426_14.jpg
もう、1ショット。
体長10cmはあったかな。けっこうデカめ。




↓そして、ラストウミウシ〜〜!!


060426_15.jpg
レモンウミウシ〜〜。

まさにレモン色。


060426_16.jpg
近寄ると、ツブツブ感あり。

本当にお菓子でできたようなウミウシ♪
・・・と、思うのは私だけ?(byだいたひかる)



以上、結構ウミウシ爆発なワジ1本目でした。


風はやまないから、2本目もワジだよ〜〜応援のひと押しお願いします→banner_03.gif

posted by saba at 00:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.154 伊江島2本目 ワジ

in13:34→out13:23 潜水時間49分
最大水深25.9m 平均水深13.3m 水温22.6℃


沖縄・伊江島ラストダイブのワジ2本目ですが・・・。


天気は急降下。
土砂降り〜〜〜


1本目でかなり体温が下がったところでの、2本目。


まるでセミナイトのような薄暗さ・・・・でした。



060426_17.jpg
深場の岩場にイセエビ発見!!
沖縄ですが、イセエビです。

・・・もちろん捕ったりはしませんので、ご安心を。



060426_18.jpg
深場と言えば、「ハナゴンベ」

Kちゃんのお気に入りなので、やはり「撮れ」の合図。
http://sabasabaumi.seesaa.net/article/7356629.htmlhttp://sabasabaumi.seesaa.net/article/9604980.htmlを参照)
でも、動きが早いから、撮りづらいんだよね!





海が暗いせいなのか?

↓なんだか不気味な生き物が続きました・・・。

060426_19.jpg
がんばってダイバー(Kちゃんだけど)と一緒に撮ってみたけど、大きさわかりますか?

巨大なマダラエイ。
幅1メートル以上はありました。

Kちゃんが「刺すよ」とか言うから、これ以上近づけず。



060426_20.jpg

そして、ぬぅっと出てきたタコ!!

これも、かなりでかい・・・。


060426_21.jpg
近づいた途端に、こんなになって、その後スッポリ穴に入ってしまいました。

Kちゃんお絵かき版に何か書くから見ると、

「このタコ美味しくない」

だって。


そんな基準?





はてさて、さっきから、全然マクロモードにならないんですけど・・・被写体は・・・と、思っていたら、


すごいの現れました!!


それまで深場をずっと潜っていたので、減圧を出さないために、かなり上の方を泳いでいたのですが、確か5メートル以上は下の岩場を見下ろしていて・・・

はっきりとわかったんです。


ウミウシ発見!!



060426_22.jpg
コイツです。

パンダツノウミウシ!!

お初です。ちょっと内蔵スケ系です。
んでも、かわいい!!



060426_23.jpg
ピント合ってないけど、このアングルかわいい。



060426_24.jpg
ピントバッチリ! よっしゃー!

しかし、このショット。
殿様ぽく見えるのは、わたしだけ?(byだいたひかる)



060426_25.jpg
最後のマクロモード。

お約束のイシガキカエルウオで締めました。


以上、4月沖縄・伊江島ダイビング終了〜です。

あまりに薄暗かったのと、1本目で体温が奪われ2本目だったので、寒すぎ〜〜!!(*_*)

ちゅうわけで、弱気な49分でした。(←これが標準の潜水時間と思いますが)


次は真夏に潜りたいな〜。
今度こそ東の地形へ・・・・と、決意を新たにしました。
(でも、また三角山でパンダをいじめたいのですが)


↓おまけの2ショット。


060476_01.jpg
伊江島名物、タッチューと、


060476_02.jpg
春名物の伊江島リリーフィールドの百合です。


ちなみに、このワジ潜った次の日、私が帰る日が

ピーカンのとても良い天気でした!!


うちなーんちゅMじょーさんには、さんざん「アメフラシ女」と笑われ・・・・。

せめて「アメフラシ」じゃなく「ウミウシ女」と呼んでください。


とにかく怒涛の伊江島ダイビングでした!

いつもながらの「シーモンキーズ」(URLはコチラhttp://seamonkeys.client.jp/
楽しいダイビングをありがとう!!


また潜りに行くよ〜〜!!応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

No.150 伊江島1本目 三角山

in10:15→out11:17 潜水時間62分
最大水深22.2m 平均水深14.3m 水温22.0℃



今年初の沖縄ダイビング!!!

そして150本記念ダイブ〜〜〜!!


伊江島のダイビングショップは、もちろん「シーモンキーズ」でございます。
(URLはコチラ



そういうわけで、150本記念は三角山に決まりました。


通算13本目の三角山。はははは・・・・

またしても北風なので、東の地形へは行けず・・・_| ̄|○


いいんだ! 三角山、愛してるもん。


060425_01.jpg
シーモンキーズの船、「海猿丸」です。
(シーモンキーズのサイト管理者ejimanさん、ちょっぴり写ってますね)

今回の同行者は、
ガイドのKちゃん
ejimanさん
ejimanさんのご友人
わーか


でした。わーかはシーモンキーズで体験ダイビング&Cカード講習以来の仲。一番一緒にダイビングしてきましたね〜。


060425_02.jpg
元気良く、しゅっぱ〜〜つ!!


060425_03.jpg
三角山へどぶんと降りてすぐ、わーかがウミウシ発見。

センテンイロウミウシ。

潜って最初はどうもカメラ操作がおぼつかない・・・。
ピント合わず。



それからも次々とわーかはウミウシを見つけてくれます。
頼もしい♪



060425_04.jpg
ニシキツバメガイ。



060425_05.jpg
そして、これがいっぱい砂地にいた。

オハグロツバメガイ??

大きさも30mmくらい。でかい。



ガイドKちゃんはウミウシはなかなか見つけてくれないけど(興味がないから?)、ハゼ眼はすごい!!


今回はなかなか発見するのに時間がかかって、お絵かき板に何か書き出すから見てみると

「ネジリンボウ、留守みたい」


ちょっとガクーンと来てましたが・・・


「ヤシャ発見!!」

の合図。


ものすごく目を凝らすと、そこには2匹のヤシャハゼがいました。

060425_06.jpg060425_07.jpg
なかなかヤシャは警戒心が強い。
DECO寸前まで粘って、やっと撮った2枚です。
水深22メートルにいるから、大変です。



ヤシャに別れをつげて、浮上・・・・。




060425_10.jpg
久しぶりに見つけました。ガラスハゼ♪


060425_08.jpg060425_09.jpg
同じショットですが、左と右で海の色違いますよね?
右の写真の方がシャッタースピード速めです。



そして、恒例のパンダいじめ・・・。


新しくパンダ用にLEDライトまで買って挑んだけど。


結局はハナヤサイサンゴに邪魔されて、うまくピントが合わない・・・。


060425_11.jpg
この1枚で諦めました。

まだまだ修行が足りんとです。

また、いじめに行きます(←もうきっと「来るな」と思ってるはず)。





そうして、パンダを諦めたあとは、三角山をウロウロと散策していたわけですが。


またしても、わーかがいろいろウミウシ見つけてくれました。



060425_12.jpg060425_13.jpg

超極小のキイロウミコチョウ!!!

わかりますか? 体長3mm!!
マクロレンズ2枚重ねですよ。
しかも、けっこう動くのよね。全く・・・。


060425_14.jpg
そして、ムラサキウミコチョウ!

これは大きめで10mmくらいはあったと思います。



060425_15.jpg
沖縄ではザコキャラ、コールマンウミウシ。


以上、三角山でした。
わーかのおかげで結構ウミウシ見れました。私が見つけたのは、ガラスハゼだけ??
もっとウミウシ眼を鍛えたいんだけど・・・愛情と反比例するのかしら。

2本目に続きます!応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.151 伊江島2本目 パッチ

in14:52→out15:55 潜水時間59分
最大水深15.4m 平均水深12.0m 水温22.3℃



2本目はまた、すごい所へ行っちゃいましたよ!


マンタへ会いに!!


すでに別館「SabaSaba」の方でも説明しましたが、時々漁師の網にマンタがかかってしまうんです。

通常、漁の邪魔となるので、そのマンタは処分されてしまうのですが・・・。

「今なら、生きたまま網の中にいる」という情報を聞き、行ってみることになりました。




060425_16.jpg
水面移動の途中。

やはりこういう景色が沖縄ならではでしょうか?
透明度も最高!!でした。


060425_17.jpg
これが、漁に使う網です。
「体育館並の広さ」とKちゃんの説明。
もっと広いかな〜と私は感じました。





網の向こうをじぃぃぃ〜〜〜〜っとのぞいてみると・・・・・








060425_18.jpg

いました!!マンタ!!!!!!


060425_19.jpg
めっちゃ優雅です。



060425_20.jpg
そしてデカイ!!!




しばらくは、もうマンタの虜になってました・・・・・。



マンタは広いとは言っても限られた網の中でずっと周回し続けてました。

聞いた話では、もう、大分衰弱しているとのこと。
このままでは、死んでしまうかもしれない・・・。



これは、全くのわがままかもしれません。


これが小さな魚であれば、「網にかかったのだから、死んでしまうのはしかたがない。」と思うかもしれない。

現に生活のかかった漁の障害になるわけですから。漁師さんを責めるわけにもいきません。


でも、です。


「こうして海中で出会った、この雄大な生き物を自由にしてあげたい。」


そう思ったわけです。



だから、最後に「マンタ基金」に寄付してきました。

どうか、このマンタが自由な海へ帰れるように・・・・。




そう願いました。







さて、海に戻ります。



マンタの網を後にして、サンゴの根まで移動しました。

そしてKちゃん。


「Kちゃん、先に船上がってるから、根を回ってこい」

って。




おいおいガイドが先に海に上がる気か!?


早々にKちゃん、船まで行ってしまいました。

いいけど!

(補足しておきますが、ejimanさんはインストラクターです。それを承知でKちゃんは私らを見捨てました。)


わーかとejimanさんと3人でサンゴの根まで移動しました。


060425_21.jpg

060425_22.jpg
なかなかの景観。

マクロ派の私ががんばって撮ってみましたよ。


でも、すぐ、マクロモードON。


060425_23.jpg
タテスジヘビギンポ。

ザコですが、どうしても気になる存在。



060425_24.jpg
キンギョハナダイとかの幼魚と思いますが・・・・。



060425_25.jpg
しつこくコールマン。


060425_26.jpg
これは初。
シロアミミドリガイ。


060425_27.jpg
あちらに、こちらにムラサキウミコチョウ。

ウミコチョウ系が、今回フィーバーしてます(コールマンの次に)。


060425_28.jpg
またまた、わーかが極小発見。

あんまり小さいから、わざとズームかけずに撮影。
わかります?
(見えない方は、写真をクリックして拡大してください。)


060425_29.jpg
キイロウミコチョウ。
おそらく、コイツも3mm程度でしょう。



とにかく、ワイドなマンタに会い、マクロなウミコチョウで締めた2本目でした・・・・。

次は3本目・・・??

一応3本目に続きます。応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.152 伊江島3本目 

in15:43→out16:19 潜水時間36分
最大水深29.3m 平均水深17.9m 水温22.2℃


疲れました。

とにかくドリフトダイブで、最後だってのに水深29mは行くし、DECOはでる(一瞬だけですが)し、大変なダイビングでした・・・。


何を見に行ったか?



すいませんが、秘密にしておいてください。


ちょっと戦中の足跡を見に行ったとだけ。


060425_30.jpg
唯一撮った生物。
サラサウミウシ。

一緒に写っている汚いグローブは、私の手です。




伊江島1日目ダイビング終了です。2日目に続きます〜応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

No.125 伊江島1本目 漁礁東

in07:39→out08:19 40分
最大水深22.4m 平均水深16.9m 水温28.1℃


この日は台風が最接近。
船が出なくなる前に、早めに早朝からダイビングすることになりました。

ポイントは三角山についで多い漁礁・・・。


050910_01.jpg
漁礁東には砂地にぽっかりと根があって、そこにホワイトソックスがいます。
ちょっとレアなエビです。
本当に白いソックスを履いているみたいでしょ?


050910_02.jpg
根の脇に必ずいるアカホシカクレエビ。


050910_03.jpg
同じく、イソギンチャクエビ。


050910_04.jpg
サンゴの根には、多くの魚が集まります。


050910_05.jpg
そんな時、何もない砂地になにやらうごめく物体が・・・・。


050910_06.jpg
テンスの幼魚でした。
けっこう顔かわいいです。
一生懸命、漂う海藻のフリをしているところがとてもキュート。


台風の影響で波が刻々と高くなっていく・・・2本目に続く。応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。