★月別ダイビングログ
★場所別ダイビングログ
       ☆☆☆記事中の写真をクリックすると、大きい画像が見れます☆☆☆

2006年04月26日

No.153 伊江島1本目 ワジ

in9:23→out10:27 潜水時間64分
最大水深18.6m 平均水深10.2m 水温22.4℃


いつもいつもいつも伊江島には嫌われっぱなしの私ですが・・・。

わーかが一足早く帰るこの日・・・・


伊江島の天気大荒れ。


波は3m以上

・・・と、言うわけで船は出せず_| ̄|○


またもや、東の地形ポイントはおあずけ〜になりました。



で、行った先は・・・・


北のポイント「ワジ」。



ええと。
過去の記録(http://sabasabaumi.seesaa.net/article/7356629.html)を見てみると、伊江島42本の中で、一番潜ってない(1本のみ)ポイントになります。

それはそれで嬉しいのですが。



沖縄まで来てビーチエントリーかよ・・・
_| ̄|○





そろそろ海写真にいきましょう。



060426_01.jpg
ワジ周辺です。天気は下り坂・・・・。
しかし、強烈な南風だったので、北の海面は非常に穏やかでした。



060426_02.jpg
アオサンゴが綺麗です。


060426_03.jpg
そして、「ワジ」の名物、巨大なオオハマサンゴです。

がんばって、ワイド撮影してみましたが、日差しが全くないので画面暗めです・・・。



と、いうわけで、さっさとマクロモード全開。

このオオハマサンゴの大きな傘の下に潜り込んで、生物ウォッチング始めました。



060426_04.jpg
かわいいベニハゼいました。
胸ヒレにピントが合ってしまい、目がピンボケ・・・
この1枚で逃げられました。



そして、がんばってウミウシ探し!!


060426_05.jpg
コールマンウミウシです。


060426_06.jpg
コールマン2です。


060426_07.jpg
コールマン3です。


060426_08.jpg
コールマン4・5・・・・・


って。


コールマンしかいないのかよ!!(゚Д゚#)ノ


次々見つけたウミウシがぜ〜んぶコールマンなので、プチ切れました。



そういうわけで、
オオハマサンゴから移動・・・・



060426_09.jpg
クマノミのいるイソギンチャクをどけると、大抵エビちゃんがいます。
イソギンチャクモエビちゃんです。

クマノミに飽きてきたら、ぜひのぞいてみてください(笑)




そしてこの後、ウミウシフィーバー続きます!!



060426_10.jpg
シモフリカメサンウミウシ。

ものすごい変わったネーミングで覚えてましたが、お初に見ました。
結構、ブルーが綺麗です。小さいけどちゃんと鰓があるところもプリチー(←ウミウシバカ)。


060426_11.jpg
ゾウゲイロウミウシ。
何度見ても、ツルンとしてかわいいウミウシです。

こいつが足が速くて、暗がりに一気に逃げ込まれ、撮影断念・・・。

焦れば焦るほど、ピントが合わないのはなぜなんでしょう?


060426_13.jpg
これもお初のウミウシ。
チギレフシエラガイ。

060426_14.jpg
もう、1ショット。
体長10cmはあったかな。けっこうデカめ。




↓そして、ラストウミウシ〜〜!!


060426_15.jpg
レモンウミウシ〜〜。

まさにレモン色。


060426_16.jpg
近寄ると、ツブツブ感あり。

本当にお菓子でできたようなウミウシ♪
・・・と、思うのは私だけ?(byだいたひかる)



以上、結構ウミウシ爆発なワジ1本目でした。


風はやまないから、2本目もワジだよ〜〜応援のひと押しお願いします→banner_03.gif

posted by saba at 00:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.154 伊江島2本目 ワジ

in13:34→out13:23 潜水時間49分
最大水深25.9m 平均水深13.3m 水温22.6℃


沖縄・伊江島ラストダイブのワジ2本目ですが・・・。


天気は急降下。
土砂降り〜〜〜


1本目でかなり体温が下がったところでの、2本目。


まるでセミナイトのような薄暗さ・・・・でした。



060426_17.jpg
深場の岩場にイセエビ発見!!
沖縄ですが、イセエビです。

・・・もちろん捕ったりはしませんので、ご安心を。



060426_18.jpg
深場と言えば、「ハナゴンベ」

Kちゃんのお気に入りなので、やはり「撮れ」の合図。
http://sabasabaumi.seesaa.net/article/7356629.htmlhttp://sabasabaumi.seesaa.net/article/9604980.htmlを参照)
でも、動きが早いから、撮りづらいんだよね!





海が暗いせいなのか?

↓なんだか不気味な生き物が続きました・・・。

060426_19.jpg
がんばってダイバー(Kちゃんだけど)と一緒に撮ってみたけど、大きさわかりますか?

巨大なマダラエイ。
幅1メートル以上はありました。

Kちゃんが「刺すよ」とか言うから、これ以上近づけず。



060426_20.jpg

そして、ぬぅっと出てきたタコ!!

これも、かなりでかい・・・。


060426_21.jpg
近づいた途端に、こんなになって、その後スッポリ穴に入ってしまいました。

Kちゃんお絵かき版に何か書くから見ると、

「このタコ美味しくない」

だって。


そんな基準?





はてさて、さっきから、全然マクロモードにならないんですけど・・・被写体は・・・と、思っていたら、


すごいの現れました!!


それまで深場をずっと潜っていたので、減圧を出さないために、かなり上の方を泳いでいたのですが、確か5メートル以上は下の岩場を見下ろしていて・・・

はっきりとわかったんです。


ウミウシ発見!!



060426_22.jpg
コイツです。

パンダツノウミウシ!!

お初です。ちょっと内蔵スケ系です。
んでも、かわいい!!



060426_23.jpg
ピント合ってないけど、このアングルかわいい。



060426_24.jpg
ピントバッチリ! よっしゃー!

しかし、このショット。
殿様ぽく見えるのは、わたしだけ?(byだいたひかる)



060426_25.jpg
最後のマクロモード。

お約束のイシガキカエルウオで締めました。


以上、4月沖縄・伊江島ダイビング終了〜です。

あまりに薄暗かったのと、1本目で体温が奪われ2本目だったので、寒すぎ〜〜!!(*_*)

ちゅうわけで、弱気な49分でした。(←これが標準の潜水時間と思いますが)


次は真夏に潜りたいな〜。
今度こそ東の地形へ・・・・と、決意を新たにしました。
(でも、また三角山でパンダをいじめたいのですが)


↓おまけの2ショット。


060476_01.jpg
伊江島名物、タッチューと、


060476_02.jpg
春名物の伊江島リリーフィールドの百合です。


ちなみに、このワジ潜った次の日、私が帰る日が

ピーカンのとても良い天気でした!!


うちなーんちゅMじょーさんには、さんざん「アメフラシ女」と笑われ・・・・。

せめて「アメフラシ」じゃなく「ウミウシ女」と呼んでください。


とにかく怒涛の伊江島ダイビングでした!

いつもながらの「シーモンキーズ」(URLはコチラhttp://seamonkeys.client.jp/
楽しいダイビングをありがとう!!


また潜りに行くよ〜〜!!応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

No.150 伊江島1本目 三角山

in10:15→out11:17 潜水時間62分
最大水深22.2m 平均水深14.3m 水温22.0℃



今年初の沖縄ダイビング!!!

そして150本記念ダイブ〜〜〜!!


伊江島のダイビングショップは、もちろん「シーモンキーズ」でございます。
(URLはコチラ



そういうわけで、150本記念は三角山に決まりました。


通算13本目の三角山。はははは・・・・

またしても北風なので、東の地形へは行けず・・・_| ̄|○


いいんだ! 三角山、愛してるもん。


060425_01.jpg
シーモンキーズの船、「海猿丸」です。
(シーモンキーズのサイト管理者ejimanさん、ちょっぴり写ってますね)

今回の同行者は、
ガイドのKちゃん
ejimanさん
ejimanさんのご友人
わーか


でした。わーかはシーモンキーズで体験ダイビング&Cカード講習以来の仲。一番一緒にダイビングしてきましたね〜。


060425_02.jpg
元気良く、しゅっぱ〜〜つ!!


060425_03.jpg
三角山へどぶんと降りてすぐ、わーかがウミウシ発見。

センテンイロウミウシ。

潜って最初はどうもカメラ操作がおぼつかない・・・。
ピント合わず。



それからも次々とわーかはウミウシを見つけてくれます。
頼もしい♪



060425_04.jpg
ニシキツバメガイ。



060425_05.jpg
そして、これがいっぱい砂地にいた。

オハグロツバメガイ??

大きさも30mmくらい。でかい。



ガイドKちゃんはウミウシはなかなか見つけてくれないけど(興味がないから?)、ハゼ眼はすごい!!


今回はなかなか発見するのに時間がかかって、お絵かき板に何か書き出すから見てみると

「ネジリンボウ、留守みたい」


ちょっとガクーンと来てましたが・・・


「ヤシャ発見!!」

の合図。


ものすごく目を凝らすと、そこには2匹のヤシャハゼがいました。

060425_06.jpg060425_07.jpg
なかなかヤシャは警戒心が強い。
DECO寸前まで粘って、やっと撮った2枚です。
水深22メートルにいるから、大変です。



ヤシャに別れをつげて、浮上・・・・。




060425_10.jpg
久しぶりに見つけました。ガラスハゼ♪


060425_08.jpg060425_09.jpg
同じショットですが、左と右で海の色違いますよね?
右の写真の方がシャッタースピード速めです。



そして、恒例のパンダいじめ・・・。


新しくパンダ用にLEDライトまで買って挑んだけど。


結局はハナヤサイサンゴに邪魔されて、うまくピントが合わない・・・。


060425_11.jpg
この1枚で諦めました。

まだまだ修行が足りんとです。

また、いじめに行きます(←もうきっと「来るな」と思ってるはず)。





そうして、パンダを諦めたあとは、三角山をウロウロと散策していたわけですが。


またしても、わーかがいろいろウミウシ見つけてくれました。



060425_12.jpg060425_13.jpg

超極小のキイロウミコチョウ!!!

わかりますか? 体長3mm!!
マクロレンズ2枚重ねですよ。
しかも、けっこう動くのよね。全く・・・。


060425_14.jpg
そして、ムラサキウミコチョウ!

これは大きめで10mmくらいはあったと思います。



060425_15.jpg
沖縄ではザコキャラ、コールマンウミウシ。


以上、三角山でした。
わーかのおかげで結構ウミウシ見れました。私が見つけたのは、ガラスハゼだけ??
もっとウミウシ眼を鍛えたいんだけど・・・愛情と反比例するのかしら。

2本目に続きます!応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.151 伊江島2本目 パッチ

in14:52→out15:55 潜水時間59分
最大水深15.4m 平均水深12.0m 水温22.3℃



2本目はまた、すごい所へ行っちゃいましたよ!


マンタへ会いに!!


すでに別館「SabaSaba」の方でも説明しましたが、時々漁師の網にマンタがかかってしまうんです。

通常、漁の邪魔となるので、そのマンタは処分されてしまうのですが・・・。

「今なら、生きたまま網の中にいる」という情報を聞き、行ってみることになりました。




060425_16.jpg
水面移動の途中。

やはりこういう景色が沖縄ならではでしょうか?
透明度も最高!!でした。


060425_17.jpg
これが、漁に使う網です。
「体育館並の広さ」とKちゃんの説明。
もっと広いかな〜と私は感じました。





網の向こうをじぃぃぃ〜〜〜〜っとのぞいてみると・・・・・








060425_18.jpg

いました!!マンタ!!!!!!


060425_19.jpg
めっちゃ優雅です。



060425_20.jpg
そしてデカイ!!!




しばらくは、もうマンタの虜になってました・・・・・。



マンタは広いとは言っても限られた網の中でずっと周回し続けてました。

聞いた話では、もう、大分衰弱しているとのこと。
このままでは、死んでしまうかもしれない・・・。



これは、全くのわがままかもしれません。


これが小さな魚であれば、「網にかかったのだから、死んでしまうのはしかたがない。」と思うかもしれない。

現に生活のかかった漁の障害になるわけですから。漁師さんを責めるわけにもいきません。


でも、です。


「こうして海中で出会った、この雄大な生き物を自由にしてあげたい。」


そう思ったわけです。



だから、最後に「マンタ基金」に寄付してきました。

どうか、このマンタが自由な海へ帰れるように・・・・。




そう願いました。







さて、海に戻ります。



マンタの網を後にして、サンゴの根まで移動しました。

そしてKちゃん。


「Kちゃん、先に船上がってるから、根を回ってこい」

って。




おいおいガイドが先に海に上がる気か!?


早々にKちゃん、船まで行ってしまいました。

いいけど!

(補足しておきますが、ejimanさんはインストラクターです。それを承知でKちゃんは私らを見捨てました。)


わーかとejimanさんと3人でサンゴの根まで移動しました。


060425_21.jpg

060425_22.jpg
なかなかの景観。

マクロ派の私ががんばって撮ってみましたよ。


でも、すぐ、マクロモードON。


060425_23.jpg
タテスジヘビギンポ。

ザコですが、どうしても気になる存在。



060425_24.jpg
キンギョハナダイとかの幼魚と思いますが・・・・。



060425_25.jpg
しつこくコールマン。


060425_26.jpg
これは初。
シロアミミドリガイ。


060425_27.jpg
あちらに、こちらにムラサキウミコチョウ。

ウミコチョウ系が、今回フィーバーしてます(コールマンの次に)。


060425_28.jpg
またまた、わーかが極小発見。

あんまり小さいから、わざとズームかけずに撮影。
わかります?
(見えない方は、写真をクリックして拡大してください。)


060425_29.jpg
キイロウミコチョウ。
おそらく、コイツも3mm程度でしょう。



とにかく、ワイドなマンタに会い、マクロなウミコチョウで締めた2本目でした・・・・。

次は3本目・・・??

一応3本目に続きます。応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.152 伊江島3本目 

in15:43→out16:19 潜水時間36分
最大水深29.3m 平均水深17.9m 水温22.2℃


疲れました。

とにかくドリフトダイブで、最後だってのに水深29mは行くし、DECOはでる(一瞬だけですが)し、大変なダイビングでした・・・。


何を見に行ったか?



すいませんが、秘密にしておいてください。


ちょっと戦中の足跡を見に行ったとだけ。


060425_30.jpg
唯一撮った生物。
サラサウミウシ。

一緒に写っている汚いグローブは、私の手です。




伊江島1日目ダイビング終了です。2日目に続きます〜応援のひと押しお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 伊江島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。