★月別ダイビングログ
★場所別ダイビングログ
       ☆☆☆記事中の写真をクリックすると、大きい画像が見れます☆☆☆

2006年02月11日

No.144 大瀬崎1本目 先端

in10:45→out11:47 62分 水温13.1℃
最大水深19.3m 平均水深14.4m

大瀬崎二日目です。
1日目はマンツーマンでしたが、今回は常連さんお二人が参加。
お1人目I橋さんはウミウシ大好きっ子。一方のO野さんはワイド派。

ワイド派の方と一緒に潜れるのか・・・!?

しかし、また西風強しで、外海は断念。
今日は週末だけ開放されるポイント「先端」へ行くことになりました。


060211_01.jpg
文字通り、岬の先端です。

060211_02.jpg
なんと「先端」は神社の境内のなか。
ポイントへ行くには1人100円の参拝料がいります。

060211_03.jpg
境内には「ビャクシン」という大木が何本もあります。
ダイバーだけでなく、普通の参拝客も散策してました。


普通の観光客にしてみたら、私らダイバーなんて・・・

「こんな寒いのに海に入るなんて、キチガイだわ・・・」

と、思われているに違いない。



はい、キチガイです。間違いなく。


・・・海写真にいきましょう。


先端というポイントは、湾内と違って、ごろたの海岸を進むと、いきなりドロップオフ。
かなりの勾配で深場に続いています。
湾内よりは透明度も良かったです。


先端はウミウシすごいよ〜と聞いてたのですが・・・・


本当にすごい!!!!

ここがまさにウミウシ天国!!!!!



みなさま、覚悟はいいですか?


たまげますよ。本当に。






まず大量にいたのは、サキシマミノウミウシ。↓↓

060211_06.jpg060211_05.jpg

060211_04.jpg060211_07.jpg060211_08.jpg

どうですか?
全てサキシマミノウミウシ。
全て、違う個体です。

次々出てくるものだから、途中で撮るのをやめたくらい、大量発生してました。


060211_09.jpg
これはスイートジェリーミドリガイ。
まさにお菓子のようなウミウシ。n



060211_10..jpg
下ばかり向いてたら、ガイドさんに「上を見ろ」と。

冬の代名詞、マトウダイです。
確かに体にがあります。
冬の時期に浅場に現れるそうです。
この時期以外は水深数百メートルまで潜ってしまうそうです・・・・。



一通り、マトウダイを追った後、再びマクロモードオン!

060211_11.jpg
ルージュミノウミウシ!!
この紫がとってもエレガント・・・・名前もエレガント・・・・。


060211_12.jpg
すでにアオウミウシ並にザコキャラと化しているピカチュー。
この写真、アニメのピカチューにとっても似ていると思いませんか??
(そう思うのは私だけ?)


そして、本州では普通種と言われてますが、私にとっては衝撃のウミウシ発見!!

その名は・・・


060211_13.jpg
ヒロウミウシ〜〜!!!!


なんてなんてなんてなんてなんて・・・・・


かわいいんだ〜〜〜〜!!!←やばいです




あまりのかわいさに、このウミウシだけで10ショット以上は撮りました・・・。

ミツイラメリウミウシに続いて、お気に入りウミウシ、決まりました。



060211_14.jpg
コモンウミウシ。
淵が紫で、なかなか綺麗です。


060211_15.jpg
マクロの合間に、ワイドも。
キンギョハナダイの群れたち。

これが先端の名物らしいのですが、私は下向いてばっかりです。

再びマクロモードオン!!


060211_16.jpg
スミゾメミノウミウシ。
なかなかシックなウミウシです。


060211_17.jpg
もういい?
アオウミウシ ←ぞんざいな態度になってきた。



060211_18.jpg
不気味な模様をしてますが、これは貝です。
ベニキヌツツミガイ。
外套膜(貝の本体)が貝全体を包み込んでいます。

生きた貝をこんな風に見ることができたのも、大瀬崎が初めてです。


さあ、まだまだウミウシ続きますよ!!!


060211_19.jpg
サラサウミウシ。


060211_20.jpg
ピカチュー真正面。
(しつこい?)

060211_25.jpg
しつこいついでに、ピカチューのお食事ショット。
こうやって海藻を食べるらしい。


ピカチューを撮っていたら、バディのI橋さんが、「こっち」と指差す。


「・・・・まさか」



060211_22.jpg
ヒロウミウシ!!!

しかもまた、ちっっっちゃ!!!!!!


おそらく体長4・5mm程度。


060211_23.jpg
しかし、かわいい!!!!!

もう、ヒロの虜です・・・・。
メロメロです。やられました。

しかも、ちいさい程かわいいと思う私。



まさにこういうのを、マクロ病と言うのでしょう。



060211_24.jpg
ラストウミウシはコノハミドリガイ。
まさに緑が美しい。


以上、先端1本目終了です。

ね?
すごいでしょ。

私が夢にまで見たウミウシ天国でした。


2本目も先端です。
続きます。

大量のウミウシ写真見てくださって、ありがとうございます。ウミウシすごい!!と思ったみなさま、応援のひと押しお願いします→banner_03.gif






posted by saba at 00:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.145 大瀬崎2本目 先端

in13:55→out14:51 56分 13.1℃
最大水深21.7m 平均水深14.4m


大瀬崎ラストダイブ。

1本目はウミウシ狙いだったので、今度は「イザリウオ」狙い。
ベニイザリがいるはず・・・ということで、挑戦です。

ウミウシが一番ですが、結構イザリウオ好きです。
カエルっぽくて。

・・・と、思っていたら、ウミウシ!!

060211_26.jpg
ヒロウミウシ・・・・。
ちょっと大きめ(でも1cm)。でもかわいい。


ガイドT郎さん、私、I橋さん、O野さん4人で一生懸命「イザリウオ」探し。

なかなか見つからず。



060211_27.jpg
ガンガゼのそばに、サラサエビ。
沖縄で見たぶりです。




すると、I橋さんが何か発見!!


060211_28.jpg
いました。
ベニイザリウオです。


え?

何が何だかわかりませんか?



060211_29.jpg
こんな感じです。

わかりますかね?

もうちょっといいショットを撮りたかったのですが、この位置から動いてくれませんでした。

残念。



目標のイザリウオを発見できたので、後は・・・・


ウミウシ探し!! ←やはり。



060211_30.jpg
1本目でも大量発生していたサキシマミノウミウシ。



060211_31.jpg
これ、ルージュミノウミウシ?と思いましたが・・・

後で写真を確認して、どうも違うとT郎さん。
サキシマミノの色違い?ということで落ち着きましたが、私はどうも納得いかず。
セスジミノウミウシかな〜?

なんせ「本州のウミウシ」を持ってないので、何とも・・・。

どなたか、わかる方いませんか〜?



060211_32.jpg
続いて、ゴマフビロードウミウシ。

この、フワフワ感がたまらなくかわいい・・・・。←頭おかしい



060211_33.jpg
サラサウミウシ。
よくいます。←ザコ扱い?



そして、また、識別の難しいウミウシ登場! 

    ↓↓↓


060211_34.jpg060211_35.jpg
これです。

ちなみに、今回4本潜って、これが自力で見つけた唯一のウミウシです。


ヤグルマウミウシと言われたのですが、ヤグルマウミウシは触角先端と鰓がのはず。
しかし、この個体は黄色です。

先ほどのゴマフビロードウミウシの黄色個体とも似てますが、これは触角と鰓がです。


誰かわかる方〜〜〜!!




060211_36.jpg
お気に入りのミツイラメリウミウシ。
これまた小さい〜〜。5mm。



060211_37.jpg
シラユキウミウシ。小さくてピント合わず。

↑この名、「沖縄のウミウシ」本には載ってません。
シロウサギウミウシに似てますが・・・一緒?

誰かわかる方〜〜〜!




そんなこんなで最後のウミウシになりました(もういい?)。

・・・しかし、最後のウミウシは最後のウミウシらしく?


めっちゃ極小!!!


4本中、最小。



 見てください。




060211_38.jpg
ね、ちっちゃいでしょ?

肉眼でなんとかウミウシと確認できるかどうかくらい。

なんたって、米粒よりも小さい。

おそらく2・3mm。


060211_39.jpg
マクロレンズ&デジタル拡大でこれくらい。

正直、ラストだし、足場は固定できないし、20mラインを泳いでいたのでDECO(減圧停止)出そうだし・・・・。
必死で撮りました。

後でピント合っててホッとしました。



以上、いかがでした?大瀬崎。

まさにウミウシ天国〜♪で大満足でした。まだウミウシシーズンはこれからなので、また大瀬崎ガンガン潜りたいです。


最後に、「ダイブQ」の名ガイド、T郎さん。ピカチューから極小ウミウシまで幅広く見つけてくれて、どうもありがとうございました。あなたの目には感動しました。

バディのI橋さん。ヒロウミウシ、ベニイザリなど見つけてくれました。ありがとうございます。インストラクター目指してがんばってください。

ワイド派なのに、お付き合いいただいた、O野さん、ウミウシ見えましたか? 今度は一緒にお酒飲みましょう!ありがとうございました。



みなさまのおかげで、上位に上がることができました! 最後の最後にポチッと応援のひと押しお願いします!!→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

No.142 大瀬崎1本目 湾内

in11:33→12:45 72分 水温13.1℃
最大水深18.2m 平均水深12.0m


見て下さい↑ 上の記録。

ついにやっちゃいましたよ、水温13度!!

しかも72分て。私はアホ?



今までドライスーツでは沖縄しか潜ってません。しかも、真冬の本州。1年で一番の最低水温・・・・。

しかし、これさえ潜れれば、怖いものはないでしょう!!

と、いう気合で潜ってきました。


場所は西伊豆の大瀬崎。

お世話になったダイビングショップは「ダイブQ」さん

噂には聞いていたのですが、やはりすごい!!!
まさにマクロの宝庫!!

と、いうか、

ウミウシ天国〜〜♪♪


さっそく海写真、参ります。


060210_17.jpg
大瀬崎のビーチより。
富士山がひときわきれいです。
しかし、西風が強くて(やはり今年も風女)、外海は無理ということで、ポイントは湾内。


ビーチから恐る恐るエントリー。
ドライスーツの操作も思い出しながら・・・潜ると、


いきなりいました。


060210_1.jpg
ピカチュー!!!

正式名称ウデフリツノザヤウミウシ。


このウミウシは本州ではめずらしくはないそうですが、沖縄では一度も見たことのなかった憧れのウミウシ・・・。

いきなり会えて、私のテンションは急上昇↑↑

060210_2.jpg
これはヒメイカの赤ちゃん。
2cmくらい。なかなか動き回ってて撮りづらい。



060210_4.jpg060210_3.jpg
セトミノカサゴ。
これも沖縄では見たことがないカサゴ。ヒレのブルーがキレイです。
(マクロレンズ使わなかった写真はこれだけかな・・・)


060210_5.jpg
そして、これ。ミツイラメリウミウシ。

コイツの体長はおそらく10mmない。6・7mmか。

もう、


かわいすぎる〜〜〜!!!←もうすでにおかしい。

このウミウシ、大瀬崎ではざらにみられる種だそう。
でも、このかわいさに、すっかり惚れ込んでしまいました・・・。


060210_6.jpg
もう一度、ピカチュー。
この写真を撮ってから、口元にまるでヒゲが生えたみたいな黒い模様があることを知りました。


060210_7.jpg
本州のトラギスは小さい個体がたくさんいる。
なんとも言えない愛らしい表情。



そして今回。
大瀬崎ガイドをもってして、「これは珍しいです!!」と言わしめた、レアーな生物に会えました。

それが・・・・

060210_8.jpg
テングノオトシゴです。

ウミテングなら宮古島で一度みたことがあったのですが、口の長さが短い・体系もやや丸い?
違う種らしいです。

この横向きの写真を撮った後、「次は正面からだ」とテング君の顔の方へゆっくり近づくと、一緒になってテング君も移動。

↓こんな感じ。
060210_18.gif

いつまでたってもテング君の顔が見れないっ。

こうしてテング君と一緒にクルクルしている私を、遠くで冷ややかにガイドさんは見てました・・・。


ようやく正面に回りこんだのに。

060210_9.jpg060210_10.jpg
←←いやっ          いやだってば→→

てな具合に、嫌われました。

なかなかシャイボーイなやつです(オスかどうかしらないけど)。


そして、本州では通年普通種。ザコキャラと言われている・・・

060210_11.jpg
アオウミウシです。

しかし、私にとっては初めて見るウミウシ!
それにしても鮮やか過ぎるその体色・・・・。


そしてこれも普通種。↓
060210_12.jpg
シロウミウシです。

しかし、これが1本目ダイブで一番小さかった・・・・。
4・5mmかな。
手がプルプル震えて、ピントが合わない! ←寒さの影響もあり。
しかも藻に隠れて、うまく姿をとらえる事ができず、断念。


060210_13.jpg
も、いっちょアオウミウシ〜。
確かに普通種だ。いっぱいいる。

060210_14.jpg
そしてこれは、貝。
テンロクケボリ?とガイドさん。
外套膜(貝の中身本体)が出ていなかったので、はっきりと種がわからないそうです。
それにしても生きている貝のなんと艶やかなこと!
(いつも死んだ貝を拾っている人なので)


060210_15.jpg
唯一撮ったハゼ。
イチモンジハゼです。

この寒い時期はなかなかハゼにはお目にかかれないみたいです・・・。
これが、沖縄と本州の違いなのかもしれない。年中ハゼはいますからね、沖縄。」


最後に見せてくれたのが、私の大好きナンバー10に入る・・・


060210_16.jpg
コケギンポー!!!

串本で会って以来、すっかりトリコ。

・・・・と、1枚写真を撮ったら、バッテリー終了。
「?? そんなに撮ったかな?」
と不思議だったのですが、どうやら水温が低いと消費が早いとのこと。
知らなかった・・・・。



どうです?
すごいと思いませんか大瀬崎!!
とにかく細かいウミウシ全部見せてくれるガイドのT郎さんにとにかく感謝です。

2本目、がんばって続きます!

すごいぜ大瀬崎!応援のひと押しお願いします→banner_03.gif


posted by saba at 00:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.143 大瀬崎2本目 湾内

in14:44→out15:45 61分 水温13.0℃
最大水深18.9m 平均水深13.5m

1本目は72分も潜って凍えたので、ガイドのT郎さんと「今度は50分をめどに」と言って、61分ダイブ。・・・頭狂ってますね・・・。

おかしかったのが、ダイビング中のT郎さんの顔。



060211.gif
思いっきり眉間にシワ

おこってる?
何か、私、悪いことしました?




本人曰く、「寒いのでつい、眉間にシワが寄る」と。
夏のT郎さんの顔を見てみたいと思いました。


海写真に入りましょうね〜。


沖縄の海にいないもの2つ。
060210_19.jpg060210_20.jpg
ムラサキハナギンチャクとキタマクラ(フグ)。

本州では何でもないものなんでしょうねけどね。




最初にT郎さんが見つけてくれたウミウシ。

それが、すごいです。

ピカチューよりもレアーなウミウシ
  


060210_21.jpg
ミズタマウミウシです。


ピカチューと同系の形をしています。
が、なかなか見つけられない種みたいです。
次の日来られたダイバーさんに「うらやましい!! 私は見れなかった!!」と連呼されました。


へへへ・・・
テングノオトシゴといい、今回はついてるのかも。



そして、次にガイドT郎さんが指すウミウシ。


「え?? どこ???」


060210_22.jpg
ちっちゃっっっ!!!!

おそらく3mmです。
シロイバラウミウシ。


マクロレンズ2枚重ねても、
060210_23.jpg
これくらい。

・・・・限界です。



060210_24.jpg
近くにいたサラサウミウシ。
これは3cmはあったかな。
ウミウシって、そんな世界です・・・・。




060210_25.jpg
ラッパウニを発見。
これを見つけたら、丹念に観察しましょう。
何かがいます。

     


060210_26.jpg
正解はゼブラガニです。
わかります?

こう解説している私ですが、初めて見ました。




またもや次々とウミウシを発見してくれるT郎さん。すごいです。

しかし・・・・

060210_27.jpg
なんでこう、ピカチューは撮りづらい場所にいつもいるんですかねっ!

どうにもフラフラするので、グローブで藻を固定。

060210_28.jpg
で、撮れた写真がコレ。光量不足・・・。


060210_29.jpg
アオウミウシ、確かに見慣れてきた。


最後にまたコケギンポのお住まいへ案内してもらえました。

しかし、またバッテリーが・・・・。

電源を何回も入れなおして、激写。

060210_30.jpg
1本目の個体とは別のもの。
やっぱりかわいい・・・・。



最後の最後に、もういっちょウミウシ!

060210_31.jpg
コノハミドリガイです。
触覚の色がすごいです。



以上、1日目の大瀬崎終了です。

まさにウミウシ天国〜♪♪

しかし、2日目はもっともっとすごいのです〜〜♪♪

2日目に続きます。応援のひと押しお願いします→banner_03.gif






posted by saba at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 伊豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。