★月別ダイビングログ
★場所別ダイビングログ
       ☆☆☆記事中の写真をクリックすると、大きい画像が見れます☆☆☆

2005年10月14日

No.131 越前1本目 軍艦岩

in10:15→out11:08 53分
最大水深23.7m 平均水深10.5m 水温22.6℃


本州初ダイビングを無事串本で終えた後は、いよいよ・・・

初・日本海ダイビング!!!


・・・でも、本当の所は、台風20号接近のため日本海へ逃げたという訳ですが。

でもでも今年はエチゼンクラゲの大量発生している年。
年々増えてはいるということですが、こんな絶好のチャンスはありません。

初めて飛び込んだショップは「ダイバーズ ハマトミ」。
平日だったので、貸切状態で潜ることができました!

今回、日帰り越前ダイビングに同行したのは、新しい職場で出会った数少ない名古屋ダイバーのH野さんです。
H野さんとは初めてのダイビング。ちょっとどきどきです。


さて、1本目のポイントは軍艦岩。
ビーチポイントです。
なぜなら、またもや私のせいか?強い風が吹いて、ボートがでなかったからです。

でも、このポイントならビーチでもエチゼンクラゲに会えるかもしれないという希望をもとに、エントリーへ。


しかし、あの「バリの悪夢」(知らない方はバリ島ダイビングログ参照)を彷彿とさせるような、荒波・・・・。

不安がよぎりましたが、全てMY器材だったこと、アルミでなくてスチールタンクだったこと、いつもより1kgウェイトを増やしたことなどが幸いして、なんとかスムーズにエントリーすることができました。やれやれ。


051014_01.jpg
潜ってすぐの海中。
やはり日本海はセピア系ですね・・・。
海草が生い茂る。


051014_02.jpg
その海草の間を縫って、アミメハギの幼魚がいました。
サササーッと行ってしまうので、カメラで必死で追うのですが、気が付いたら海草と区別がつかなくなりました。


050924_03.jpg
岩場の下でホバリングしていたイソカサゴ。
面白いくらい、中層でじっと動かなかったです。
ガイドさんによると、太平洋側の普通のカサゴはこのようなホバリングはあまり見かけないそうです。日本海ならでは?


しばらく海草の草原を進んでいくと、海中に大きな軍艦岩がそびえています。
ガイドさんが指差すその先には・・・


・・・・んんんっ?


051014_04.jpg
なんか黒いの出てるよ?

これは・・・まさか、


051014_05.jpg

コケギンポ〜〜〜!!

かわいい!
しかも、黒いの初めて見たよ〜。
でも中層の壁だから、めちゃめちゃ撮りにくい・・・。



そして、さらにさらに・・・


051014_06.jpg
ニシキハゼ!
尾がブルーでとても綺麗です。
ハゼ本によると、九州以南にはいない種らしい。

051014_07.jpg
顔アップ。







コケギンポとニシキハゼですっかり興奮していた私。

そして、軍艦岩周辺の浅瀬から一気に水深が深くなり、外洋が開けたそこに・・・・












・・・・!!!!






051014_09.jpg

出た〜〜〜〜!!

エチゼンクラゲ〜〜〜!!!



悠然と泳ぐその姿に唖然。

どれくらい大きいかって?

そう、






051014_08.jpg

これくらいです。

(写っているのはH野さん。果敢にもクラゲの頭をつつこうとしてます!)



051014_10.jpg051014_11.jpg
エチゼンクラゲ2連発。

なぜ下を向いているか?
それは、クラゲが海底に向かっているからです。
急浮上したと思ったら、一気に下降したり・・・

結構エチゼンクラゲは見た目よりも速く泳いでいました。
追いつくのに必死なくらい。

まるで「あんたらに付き合ってる暇ないのよ!」というかのように。
気が付いたら、外洋へと消えていきました。



051014_12.jpg
帰りの浅瀬で見たかわいいやつ。
チャガラというそうです。名前もかわいい。


051014_13.jpg
ラストはこれ。なんだと思います?

クラゲの死骸なんですよ。
力尽きたクラゲが魚たちに食べられて、こんな姿になってしまうのです。


越前2本目に続く・・・応援のひと押しぜひぜひお願いします→banner_03.gif



posted by saba at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.132 越前2本目 壁石岩(第1トンネル)

in13:02→out14:10 68分
最大水深11.6m 平均水深6.1m 水温22.5℃


1本目がエチゼンクラゲ狙いで、波の荒いビーチだったので、2本目は穏やかビーチ。


切り立った岸壁に守られているそのビーチは湖のように穏やかでした。
・・・波が全くない。

ギャップに驚きつつも、エントリー。


051014_14.jpg
潜ってすぐ出会ったニジギンポ。
とってもひょうきんな顔してます。

串本で初めて見て以来、妙に気になる存在。


051014_15.jpg
ガイドさんがタコを発見。
小さな(マクロレンズで収まる位の)マダコでした。



そうこうしていると、急に目の前に巨大な・・・!!






まさか・・・






051014_16.jpg

エチゼンクラゲ再登場〜〜!!!






さっきの軍艦岩で見たやつよりは弱っているらしく、その動きはゆっくりでした。


051014_17.jpg
ゆっくりなので、アップで撮ってみる。

051014_18.jpg
後ろ姿も。
まるで宇宙船。




051014_19.jpg
クラゲを見送っていたら、遠くの方で何かの群れが。
あれは・・・


051014_20.jpg
アオリイカでした。



串本のナイトダイビングで見かけたことがありましたが、写真は撮れなかったので、今度こそは!
・・・と、近づくのですが、見事に逃げられました。



051014_21.jpg
ビーチにはこんなクラゲも。
力尽きたクラゲ。
なんだか寂しいですね。



・・・と、ここからは気持ちを入れ替えてマクロ三昧!!


051014_22.jpg
狙い通りの住処にいたタツノオトシゴ。
沖縄ではピグミーやらジャパニーズピグミーばかり追っていたので、本家はでかいな〜。
それでも10センチはないけどね。


051014_23.jpg
サビハゼ。

クツワハゼにそっくりだな・・・と思ったら、

051014_24.jpg
アゴにひげがあるんです。
何のために? 


051014_25.jpg
お次はまたまたコケギンポ〜〜!!
ちょっと穴から乗り出し気味です。

051014_26.jpg
コイツは、1本目のやつより、毛が薄い??



051014_27.jpg
そして、こいつ!!
ベニハゼにそっくりだな・・・と思ったら、なんとギンポ。
ヒメギンポというそうです。

051014_28.jpg
まだ幼魚らしく、この表情。
かわいすぎる!!!


沖縄ではハゼばっかり追っていましたが、本州ではさまざまなギンポに出会いました。
ハゼより夢中になりそうでやばいです。
「ギンポ・ハンドブック」とかないのかな・・・ほしい。


051014_29.jpg
こやつもギンポ。
ダイナンギンポ。
黄色い目玉が面白い。ウツボと間違うダイバーがいるらしいです。



051014_30.jpg
ラストもやっぱりエチゼンクラゲ。

しかも、超巨大!

ガイドさんも今シーズン最大と言ってました。
バッテリーが切れて、あえなくこの1枚でラスト。
とにかくマクロ系爆発でした。
(エチゼンクラゲは大物でしたが)

あなどれない、日本海!!

今回もとっても楽しいダイビングができました。
「ハマトミ」さん、ありがとうございました。

最後までご覧になってくださいまして、ありがとうございます!応援のひと押しぜひぜひお願いします→banner_03.gif
posted by saba at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。